当センターは医療法人財団利定会 大久野病院が東京都より委託を受けて運営しています。
文字サイズ

公的制度

~こんな制度が利用できます~(高次脳機能障害の方を支える制度)

障害福祉サービス

障害者総合支援法により障害の種別にかかわらず、共通のしくみの中で様々なサービスが受けられます。高次脳機能障害の方は手帳または診断書にて申請することができ、自立した生活が送るための支援を受けることができます。
※高次脳機能障害は、現行制度上、基本的には精神障害に位置づけられています。

精神障害者保健福祉手帳

高次脳機能障害があるために長期にわたり日常生活または社会生活への制約がある方は精神障害者保健福祉手帳の対象となります。

身体障害者手帳

失語症の症状を呈している方、身体障害を合併している方は身体障害者手帳の対象となります。

自立支援医療(精神通院医療)

精神疾患で通院されている方への医療費助成制度ですが、高次脳機能障害のための通院・リハビリも対象となることがあります。

介護保険サービス

65歳以上(40~64歳の方は脳血管疾患などの特定疾病のある方)で要支援と判定された方は介護予防サービスが、要介護状態と判定された方は居宅サービスならびに施設サービスを利用することができます。

障害年金

年金に加入している人がけがや病気で障害者になった場合に障害年金が支給されることがあります。高次脳機能障害の原因となった病気や怪我で、初めて受診した日から1年6カ月後に申請することができます。
※これらの制度以外にも利用できる制度があります。各種福祉制度利用のご質問、お問い合わせは、現在かかっている医療機関の相談窓口、お住まいの市区町村ならびに相談窓口までお願いいたします。

お問い合わせ
042-597-1003
  • 受付時間:13:00~16:00
    (土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)
  • つながらない場合は大久野病院
    (042-597-0873)までおかけください
関連施設・事業
東京都委託事業